メタボリック撲滅委員会

メタボリック撲滅委員会@メタボ健診について

メタボリックシンドロームは、オヤジ化の代名詞として卑下される内臓脂肪症候群です。そんなメタボリックシンドロームのメカニズムや、メタボリックシンドロームの効果的な対策、メタボ健診についてを解説します。

 

日本のメタボ基準がおかしい件について

日本のメタボ基準っていうのは、本当のところどうなんでしょうか?正しいのでしょうか?陰謀説もあって、厳しい基準にして病院に行かせ、薬を処方するといった利権が絡んでいるとか、いないとか。それによくテレビの健康番組では耳にタコができるほど聞いたことがある「悪玉コレステロール」という言葉、海外ではそんな概念すら無いと知って衝撃を受けました。また、「メタボ」に関するBMIの基準もおかしなところだらけです。日本のBMIは「18.5?24.9」とされていますが、国際基準で「肥満」とされるのは30以上。つまり、本来「正常」とされている人が、日本では「肥満」とされているという現状なのですから。

 

【気になるニュース】

 

元気で長生きをするために:予防や対策、その運動

人間が元気で長生きをするためには、筋肉の維持をすることが重要です。とくに高齢者の場合、筋肉や筋力を維持することは、元気の源だといっても過言ではありません。当然ながら骨や関節も大事なんだと加えておきます。関節を大きく動かせる能力、つまり柔軟性のある関節はとても大事です。この関節の柔軟性が悪いと、必要なときに瞬発的に関節が開かないで大変危険な目にあうこ...
安眠枕 ランキング

 

メタボリックシンドローム撲滅運動:メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム撲滅委員会、産経新聞社、フジテレビジョン、ニッポン放送、フジサンケイ ビジネスアイなどが主催となって、「メタボリックシンドローム撲滅運動キャンペーン」を展開しています。【協力団体】高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム  【メタボリックシンドローム撲滅委員会】◇委員長 松澤佑次・住友病院院長(日本肥満学会理事...

 

メタボリックシンドローム関連書籍
  • 高血圧症を改善する、塩分を控えた献立と料理120品
  • 高血圧診療Q&A活用!家庭血圧
  • 図解 高血圧の治し方 (目で見る最新医学シリーズ)
  • NHKきょうの健康 患者さんの疑問に答える 内臓脂肪・糖尿病・高血圧・狭心症・脳卒中 (AC MOOK NHKきょうの健康Q&A)

 

 

2015/08/26 07:01:26 | メタボ健診について
長野県看護大(駒ケ根市)国際看護学専攻の田代麻里江講師らが、伊那市内において、ブラジル人を対象にしたメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の無料検診をしました。これまでの調査において、ブラジル人男性にメタボリックシンドロームの人が多い傾向が分かっていたためです。
2015/08/19 07:11:19 | 予防や対策、その運動
人間が元気で長生きをするためには、筋肉の維持をすることが重要です。とくに高齢者の場合、筋肉や筋力を維持することは、元気の源だといっても過言ではありません。当然ながら骨や関節も大事なんだと加えておきます。
2015/08/12 07:12:12 | 予防や対策、その運動
メタボリックシンドローム対策には運動をすることが重要です。しかし、この運動は、本当に軽い内容でも十分なのです。アスリート達が行なうスポーツ競技のトレーニングでは、強い負荷や長時間の負荷をかけて行なう筋トレや練習が必要です。
2015/08/05 07:06:05 | 予防や対策、その運動
厚生労働省が60年前から行なっていた国民栄養調査では、1950年頃から脂肪摂取量が増えています。しかし、本当のところは1970年を過ぎた頃からこの脂肪摂取量が横ばいの状態が続いています。
2015/07/29 07:20:29 | 予防や対策、その運動
スクワットをして健康維持をしている芸能人として有名なのが女優の森光子さんです。朝晩ともに何十回もスクワットをしているようですが、これは普段から鍛えているので大丈夫なのです。普段から運動や筋トレをしていない人が、森光子さんと同じような回数のスクワットをすると、ウオーキングとも同じように、どこか体を痛めてしまうこともあります。
2015/07/22 07:04:22 | 予防や対策、その運動
体に無理なく、筋肉を維持することができる運動というと、「腹筋」「腕立て」「スクワット」をそれぞれ10回から20回くらいするのが良いでしょう。この程度の運動でも、体の主要な筋肉が維持されることとなります。
2015/07/15 07:06:15 | 予防や対策、その運動
運動不足解消のための代表的なものに「ウォーキング」が挙げられます。このウォーキングは、有酸素運動の代表種目です。心肺機能の維持を始めに、糖尿病や肥満そして動脈硬化症などの予防といった医学的な効果が認められています。
2015/07/08 07:02:08 | 予防や対策、その運動
人は何故、衰えていくのかといいますと、加齢とともに「サルコペニア(筋減少症)」という現象からきています。50代、60代ともなると、筋肉が減少して少しずつ細くなってきます。これが一種の老化現象です。
2015/07/01 06:53:01 | 予防や対策、その運動
医療技術や予防医学の進歩によって、これからも人間の寿命は維持・延長されることでしょう。さまざまな新薬も研究・開発されて、辛い食事療法や激しい運動などに励まなくても、血糖値や肥満をコントロールできるようになってきました。
2015/06/23 06:49:23 | 予防や対策、その運動
年齢を重ねることによって、ちょっとつまづいたりするだけでも大怪我をすることがあります。これは、筋力や体の柔軟性、バランス感覚が衰えすぎてきて、瞬間的な対応が取れなくなるからです。